富草小6年が食彩館のパンフ作成

学校・教育

[ 2016年 2月 11日 木曜日 8時30分 ]

 阿南町の富草小学校6年生17人が、昨年4月国道151号沿いにオープンした町の地域連携販売力強化施設「あなん食彩館」のパンフレットを作成した。総合的な学習の時間を使って何度も同館を訪れ、インタビューを重ねながら「見てもらう」パンフレットの作成に熱心に取り組んだ。

 「地域の魅力発信」をテーマに取り組む総合学習で、学校近くに開業した食彩館にパンフレットがないことを知り、担任の教諭(27)の提案もあって子どもたち目線の分かりやすいパンフレット作りが始まった。

 10月からの国語の授業でパンフレットの基本的な作り方を学び、4班に分かれて施設関係者へのインタビューを実施。熊谷文夫代表や直売所に出荷している生産者に直接話を聞き、食堂「まかない屋」やパン工房の味を確かめ、写真撮影も行った。学校に戻ってからは特徴や営業時間など得た情報を整理して、2カ月ほどで完成させた。

 「手に取ってもらえるような読みやすいデザインに工夫した」と女子児童(12)。商品の写真や施設の場所を地図で掲載し、「地域活性化のために建てられました」「地元のお母さんたちが心を込めて手作りしています」などと紹介した。パンフレットは同施設内に設置されており、男子児童の一人(同)は「言葉に合った写真を撮るのが難しかった。いろんな人に見てもらいたい」と話した。

 教諭は「目的意識を持って、自分たちで考えながら一生懸命取り組んでくれた。地域の支えも実感できたと思う」と振り返り、栗林久訓校長も「地域との関わりを持ち、知るきっかけになった。良い学習ができたのでは」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01

ていざなすの出荷始まる

7月3日金曜日15:31

購入希望受け付け始まる

7月2日木曜日16:22

天竜川架橋と日照補償

7月2日木曜日16:37

34人検体採取し全て陰性

7月1日水曜日15:04

餌運ぶ姿に歓声

7月1日水曜日15:21

同じ顔ぶれ一騎打ち

6月30日火曜日15:07

学年超えて自主性育む

6月30日火曜日15:18

「公演楽しみに待って」

6月29日月曜日16:49

千代が誇る自然を体感

6月29日月曜日16:53

「焼肉のおともセット」発売

6月27日土曜日14:18

現新一騎打ちの選挙戦へ

6月27日土曜日14:55

売木村の6宿泊施設がCF開始

6月26日金曜日15:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞