小学校へ中学校併設を

学校・教育

[ 2020年 8月 27日 木曜日 15時30分 ]

 「天龍村小中学校のあり方検討委員会」(熊谷美沙子委員長)は26日、現在の天龍小学校校舎に天龍中学校を移設し、「小中併設校」とするよう永嶺誠一村長に答申した。

 時期については、小学校体育館と村民体育館の老朽化に伴い新たに建設する、総合体育館の完成と同時にスタートできることが望ましいとした。この他、小中併設校を進めながら将来的な「小中一貫教育」「義務教育学校」についての検討を行うよう上申。付帯意見として、移住定住や山村留学の推進を要望した。

 総合体育館に関しては、7月に建設検討委が、小学校敷地内に建設するよう村に答申している。

 永嶺村長は「小中学校の方向性を早期に決定することで、子育て世代の不安を解消したい」とし、9月に計画する総合教育会議で小中学校と総合体育館についての方針を固める意向を示した。

 熊谷委員長は「学校が変わるということは村にとって非常に大きなこと。村らしさを発揮し、発信していくチャンスでもある。村の教育について多くの人に考えていただく機会になれば」と期待した。

 小中学校のあり方検討は、2023年度に中学校の入学生がゼロとなる深刻な児童、生徒不足や、中学校の敷地がハザードマップの警戒区域に含まれる安全面の課題などを背景に行われた。

◎写真説明:答申内容を説明する熊谷委員長(左奥)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞