小規模校ならではの工夫 上村小で複式授業公開

学校・教育

[ 2017年 12月 7日 木曜日 15時32分 ]

上村小での複式授業公開

 飯田市立上村小学校は7日、2、5年と3、6年の各複式学級の授業を公開した。同校では少子化の影響を受けて2年前から複式授業を導入。この日は県内の教育関係者らが授業風景を見学に訪れ、小規模校での教育について学んだ。

 同小は1~3年生が各学年1人、4年生がおらず、5、6年生が3人ずつの計9人。今年の6月には複式授業の先進校である和歌山大学付属小学校を視察するなど、同小に適したスタイルを模索している。

 現在、県内で本格的に複式授業が行われていないことから、授業の様子を近隣の学校や教育関係者らに紹介しようと、公開を決めた。

 この日公開した授業は、2、5年生、3、6年生ともに算数。このうち2年生1人、5年生3人の教室には、正面の黒板に加えて移動式の黒板2台と電子黒板1台を設置。机をL字型に並べて授業を進めた。

 「1人学び」としてストップウオッチで問題を解く時間を決め、それぞれ集中して取り組んだ児童たち。担任の上島理歩講師が問題を出題しながら4人の進捗(しんちょく)状況を確認した。

 5年生は一通り解き終わると、学習リーダーの水嶋曉君(10)を中心にそれぞれの解答を発表し合って正しい答えを導いた。

 葭本直樹教頭は12月に市の小規模特認校に指定されたことに触れ、「上村小の特色をより一層出していく必要がある。今後も児童が主体的になって取り組める複式授業の方法を模索していく」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52