市立鼎東保育園で最後の夏祭り開く

学校・教育

[ 2016年 7月 17日 日曜日 8時06分 ]

鼎東保最後の夏祭り 統合民営化が決まっている飯田市鼎下山の市立鼎東保育園(野神美穂園長)で15日、同園としては最後の夏祭りが開かれた。園児27人は手作りのみこしを担ぎ、園の周辺を元気に練り歩いた。

 みこしのきおいは例年、園内だけで楽しんできたが、今回は「お世話になった地域を歩こう」と園の外へ。全員で「わっしょい」と声をそろえて担ぎ、道行く人たちの注目を集めた。

 折り返し地点の大型スーパー前では掛け声がひと際大きくなり、店の外に出たスタッフや買い物客は園児たちのかわいらしい姿に目を細めた。

 来賓が待つ園に戻ると、保護者と一緒に盆踊りや花火を楽しんだ。保護者会長の佐々木洸さんは「皆さんにとって良い思い出となるよう、ゆっくりお楽しみください」とあいさつした。

 佐々木さんは「複雑な思いだが、最後だからこそできることがある。みこしを担ぐ子どもたちの姿に元気をもらった」と話していた。

 同園と鼎幼稚園の経営は鼎一色の社会福祉法人「萱垣会」(萱垣光英理事長)に移管されることが決まっており、現在は引き継ぎ保育中。統合後は当面、鼎幼稚園の園舎を使う。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

いつもチャレンジ精神で

10月30日金曜日15:27

地域の特産品を知ろう

10月30日金曜日15:20

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞