平和時計が時計づくり体験講座開く

学校・教育

[ 2013年 8月 10日 土曜日 8時24分 ]

 飯田市下殿岡のシチズン平和時計(片桐弘社長)と同市工業課は9日、親子を対象にした時計づくり体験講座を同社で開いた。市内の小学4―6年生の児童20人と保護者が参加。文字盤に自由にデザインを描いてから、クオーツ式の腕時計を組み立てた。

 「未来の“マイスター”は君だ」と銘打ち、地元企業やものづくりの魅力に触れてもらう人気企画。参加者たちは時計の仕組みを学び、社内の工場を見学してから、腕時計づくりに挑戦した。同社のマイスター(技能者)が指導役を担った。

 腕時計づくりでは、2センチほどの文字盤にマジックで好みのデザインを施してから、組み立て開始。児童たちは「キズミ」と呼ばれるルーペやピンセットなどの工具を駆使しながら、時・分・秒針といった細かな部品を正確に取り付けていった。

 人気漫画「ワンピース」の登場キャラクターを描いた千代小6年の男子児童は「組み立てる前は『意外と簡単かな』と思っていたけれど、なかなか難しい。でも楽しい」と笑顔。保護者たちが子どもに負けず劣らずの真剣な表情で、盤面に向き合う姿も見られた。組み立てた腕時計は各自にプレゼントされた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞