座光寺小 「投票の大切さ感じて」本物の用具で児童会選挙

学校・教育

[ 2011年 1月 28日 金曜日 15時38分 ]

 飯田市立座光寺小学校(中村貴俊校長、275人)は26日、市選挙管理委員会から本物の選挙用具を借り受け、児童会選挙を行った。

 市選管は、若者の投票率の低下を受けて子どものうちから選挙に関心を持ってもらおうと、98年から市内の小中学校などに本物の選挙用具の貸し出しを続けている。

 この日はインフルエンザの流行のため、全校児童が一堂に会しての立会演説会は行わず、校内放送で候補演説を実施。児童会長候補の4人とそれぞれの応援者が「お互いに思いやれる学校を」「笑顔と協力の学校にしたい」などと主張を述べた。

 選挙は3年生以上の学年が実施。昇降口前に設置された投票所にクラスごと児童が投票に訪れた。投票所で名簿を確認してから投票用紙を受け取り、記載台で選んだ候補の欄に丸を書き、投票箱へ投函していった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55

卒園児にお守り贈る

3月24日火曜日15:42

ランドセルは海を越えて

3月23日月曜日15:13

飯田の街にも春到来

3月23日月曜日15:17

“つなぎ舟”の進水式

3月21日土曜日14:10

人面把手付土器が出土

3月21日土曜日14:34

“15の春”に喜びあふれ

3月19日木曜日15:20








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞