思い新たに3学期スタート

学校・教育

[ 2021年 1月 7日 木曜日 15時35分 ]

 飯田下伊那地域の小中学校で6~8日に3学期の始業式が行われている。新型コロナウイルス感染症の影響で例年とは異なる正月を迎えたものの、子どもたちは元気に登校し、思い新たに最終学期をスタートさせている。

 飯田市鼎中学校(斉藤辰幸校長、生徒359人)は、7日に始業式を行った。感染症予防のため式はテレビ放送で実施。各学年の代表生徒が意見発表し、ほかの生徒たちは各教室から静かに視聴した。

 野球と勉強の両立を目標に挙げた1年の男子生徒は「部活のない平日にしっかりと勉強をして、テストの点数を上げたい」とし「4月からは先輩となる。その準備をするためにもしっかり目標に向かって生活していきたい」と意気込んだ。

 2年の男子生徒は「3年生0学期として、実りあるものにしていく」と話し、所属する剣道部の練習では「弱い自分に打ち勝ち、来年度の大会で良い成績が出せるよう、臥薪嘗胆(がしんしょうたん)していく」と決意を語った。

 3年の女子生徒は、残り少ない中学校生活で「クラスの仲間との時間を大事にしたい」とし「受験という大きな壁を仲間と支え合い乗り越えていく」と述べた。

 斉藤校長は「今年の目標や挑戦したいことはあるか」と問い掛けた。旧飯田工業高校の生徒が2012年に「気球による成層圏の撮影」に挑戦し、機材が昨年11月に発見されたエピソードを紹介。撮影された映像を流し、念入りに準備をした高校生の姿から「具体的に何をすべきか知る」「努力や工夫を積み上げる」ことが大切だと語った。

 県南信教育事務所飯田事務所によると、飯伊の小学校では6日に1校、7日に17校、8日に25校、中学校では6日に1校、7日に18校、8日に3校が始業式を行う。

◎写真説明:テレビ放送の映像を視聴する生徒たち

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

たくさんの笑顔と感動を

8月5日木曜日15:47

「りんごん」一転中止に

8月5日木曜日15:35

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞