恐る恐る窯の中へ 千代小5年生が炭焼き体験

学校・教育

[ 2014年 12月 24日 水曜日 13時51分 ]

 飯田市立千代小学校(片瀬月子校長)の5年生10人が22日、同山中の農村寄食舎ごんべい邑で炭焼きを体験した。最初は恐る恐る窯の中に入っていた児童たちも、慣れてくると焼きあがった炭を一生懸命かき集めては外に出す作業を順番で繰り返した。

 緑の少年団の中心的役割を果たす5年生を対象に、昨年に続く2回目の実施。読み聞かせや安全見守り、環境整備などを行う同小地域応援団が協力し、炭焼きの準備を進めた近くの男性(72)や学校支援コーディネーターの千代公民館も参加して体験を指導した。

 炭は千代地区内から切り出したコナラを原木に12日に火入れを行った。

 窯の内部は高さ約1メートル、幅約1・5メートル、奥行約2メートル。膝をついて狭い入り口から真っ暗な窯に入った児童たちは、服を黒くしながら炭をちりとりに集め、外で待機する児童に手際よく手渡していった。男子児童の一人(10)は「窯の中は結構広かったけど何回か頭をぶつけた」と笑顔。「貴重な体験をした。電気が止まったら炭を使えるようになりたい」と話していた。

 炭は80キロ出来上がり、販売して同地域応援団の活動資金に充てる。指導した男性は「昭和38年ぐらいまで千代地区では炭焼きが盛んだった。子どもたちにその歴史を伝えていきたい」と話した。

 下伊那地方事務所林務課職員も訪れ、金属の缶に木の枝や葉、松ぼっくりを入れて火にかけ、20分ほどで出来上がる「花炭」体験も行った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞