手摘みの茶で遠山郷PR

学校・教育

[ 2020年 5月 28日 木曜日 15時33分 ]

 飯田市南信濃の和田小学校は28日、道の駅遠山郷かぐらの湯近くの茶畑で茶摘みを行った。全校児童28人に加え、和田保育園の園児やPTA、まちづくり委員など地域住民も参加。昨年の収穫量28キロを上回る35キロを目標に、太陽の光を浴びて輝く新芽を次々と摘み取っていった。

 特産品の茶を摘む体験を通じ、地域への理解と愛着を深めるとともに、環境保全意識を醸成しようと毎年行う作業。児童数が昨年度よりも10人少なくなったため、例年よりも多くの地域住民が協力した。

 2023(令和5)年度には、児童数が19人にまで減少する見込みの同校。学校運営協議会は「児童数の減少問題は待ったなしの状況」として、本年度に「ウェルカムティープロジェクト・オール和田でお茶を通して人々を呼び込もう」を立ち上げた。

 茶摘みも同プロジェクトの一環。移住、定住の促進に向け、まずは短期の教育移住体験から呼び掛けていく方針で、地域のPRに茶を活用していく。

 収穫した茶葉を地域内の工場で製茶後、「わだっ子茶」としてパッケージング。7月に飯田市内の公共施設で販売する計画で、児童や地域住民らが学校や地域のPRチラシも配布し、多くの関心を呼びたいとする。

 この日、新芽から1本の芯と3枚の葉を摘む「一芯三葉」を心掛け、丁寧に収穫していった児童。5年生の男子児童の一人(11)は「たくさん収穫し、たくさんの人に『わだっ子茶』を飲んでもらい、地域を知ってほしい」と話した。

◎写真説明:茶摘みに励む児童ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞