飯田技術専門校 木造建築の現場研修

学校・教育

[ 2015年 8月 25日 火曜日 9時36分 ]

 飯田市東和町の矢島建築(矢嶋正康社長)は24日、飯田技術専門校の生徒4人を受け入れ、高森町山吹の住宅建設現場で木造建築の研修を行った。生徒らは、家の骨組みとなる柱の組み立て作業に参加。匠の技を目の当たりにし、目指す大工の仕事に一層の興味をかき立てられていた。

 飯田技専校の指導員と話をする中で、現場での研修機会がないことを知った矢嶋社長。同社でも同校出身の若手2人が働くなどの縁もあり、研修の受け入れを決めた。

 矢嶋社長は「木造建築の技術者は減少傾向にあり、40~50代後半の人が多くを占めているのが現状。20年後、30年後には、さらに深刻な状況になってしまう」と危惧。「現場での研修を通じ、大工の仕事の魅力を身をもって感じてもらうことができれば。若い2人の社員も、生徒への指導を通じて自分の仕事をあらためて見直し、ステップアップにつながれば」と期待を込める。

 同校の指導員は「学校ではできない体験なので、非常にありがたい。貴重な体験という意識を持ち、さまざまなことを積極的に覚えてきてほしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞