飯田技術専門校 木造建築の現場研修

学校・教育

[ 2015年 8月 25日 火曜日 9時36分 ]

 飯田市東和町の矢島建築(矢嶋正康社長)は24日、飯田技術専門校の生徒4人を受け入れ、高森町山吹の住宅建設現場で木造建築の研修を行った。生徒らは、家の骨組みとなる柱の組み立て作業に参加。匠の技を目の当たりにし、目指す大工の仕事に一層の興味をかき立てられていた。

 飯田技専校の指導員と話をする中で、現場での研修機会がないことを知った矢嶋社長。同社でも同校出身の若手2人が働くなどの縁もあり、研修の受け入れを決めた。

 矢嶋社長は「木造建築の技術者は減少傾向にあり、40~50代後半の人が多くを占めているのが現状。20年後、30年後には、さらに深刻な状況になってしまう」と危惧。「現場での研修を通じ、大工の仕事の魅力を身をもって感じてもらうことができれば。若い2人の社員も、生徒への指導を通じて自分の仕事をあらためて見直し、ステップアップにつながれば」と期待を込める。

 同校の指導員は「学校ではできない体験なので、非常にありがたい。貴重な体験という意識を持ち、さまざまなことを積極的に覚えてきてほしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞