教室に「2学期」の声響く

学校・教育

[ 2020年 8月 19日 水曜日 15時09分 ]

 飯田下伊那地域の一部の小中学校で19日、始業式が開かれ、例年より短い夏休みを終えた児童生徒が2学期をスタートさせた。飯田市桐林の竜丘小学校(全校358人)は3密を避けるため、放送で実施。2週間ぶりに児童らの元気な声が教室に響いた。

 田中稔校長は「マスクの着用、教室の換気など1学期に続いてコロナウイルスの予防にしっかり取り組んでほしい」と呼び掛けた。テレビ番組を例に挙げて勉強をする理由も説明。「心を豊かに、人として成長するために、2学期も楽しく学習に取り組んでほしい」と話した。

 「短い夏休みだったが楽しく過ごせましたか」と問いかける場面もあり、各教室で子どもたちが元気に返答していた。10分ほどで式は終了した。

 3年生の女子児童(9)は「近所へ釣りに出かけたり、家族とかき氷を食べたりした。短かったけれど楽しい夏休みだった」と振り返り、別の女子児童(同)は「漢字や算数が難しくなるから頑張りたい。校長先生の話を聞いて勉強することはいいことだと思った」と話した。5年生の男子児童(11)は「算数の面積の勉強を頑張りたい」と意気込んでいた。

 竜丘小は1学期から、全校集会や終業式を放送で実施。2学期は運動会や音楽会などの行事があり、このうち音楽会は分散して発表の場を設けるなど、密を避ける工夫をすることにしている。

◎写真説明:放送での始業式

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞