新園舎の完成祝い 上郷なかよし保育園の開園式

学校・教育

[ 2018年 5月 28日 月曜日 15時35分 ]

発表する園児(上郷なかよし保育園で)

 社会福祉法人たちばな会が運営する上郷なかよし保育園(早川英章園長、園児145人)の開園式が28日、飯田市上郷飯沼の新園舎で行われた。園児や保護者、施工業者、地域住民らが出席し、園舎の完成を祝った。

 同園は2015年度、旧市立上郷東保育園(13年度に旧市立上郷南保育園と統合)が民営化して誕生。

 市子育て支援課によると、旧園舎は1981(昭和56)年の築造で老朽化が進んでおり、昨年6月から、国道153号線をはさんで西側の敷地約599万平方メートルで建設工事を進めてきた。

 新園舎は鉄筋コンクリート造り2階建てで、延べ床面積は約227万平方メートル。年齢ごとに0~5歳児の保育室を設けたほか、一時保育や長時間保育用の部屋、相談室、屋上プールなどを設置している。

 2階リズム室で開いた開園式であいさつに立った早川園長は、地域住民や工事関係者へ感謝の言葉を述べ「市の指導・支援や地域の皆さんのご理解をいただき、大勢の皆さんのおかげできょうを迎えることができた」と振り返った。

 また子どもたちに対して「これから新しい生活が始まる。広くて立派な保育園。きょうあったことを家族の皆さんに話して、休むことなく通って」と呼び掛けた。

 来賓の祝辞に続き、年少~年長園児が新園舎完成の喜びを込めて、歌や踊りを元気よく発表。手遊びを発表した年少は「皆さんも一緒に」と、お弁当箱の歌を歌いながら出席者と手遊びを楽しんでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞