新野小学校で3学期の始業式

学校・教育

[ 2010年 1月 6日 水曜日 8時58分 ]

 飯田下伊那の小中学校で5日から、3学期の始業式が始まった。年末年始を過ごした児童・生徒たちは雪の中元気に登校し、1年を締めくくる学期をスタートさせた。

 この日始業式を行った阿南町立新野小学校(寺嶋匡彦校長、63人)では1年から6年までの各学年代表児童6人が3学期の目標を発表。「国語の漢字を完璧に覚えたい」「算数の割り算を頑張ります」「学習発表が苦手だけど学年のまとめとしてしっかりやりたい」などと全校児童を前に決意した。

 もうすぐ中学へ進学することになる6年生は「中学へ向けての復習の時。思い出に残ることや6年生の勉強をしっかりやりたい。3学期は学習発表会や児童総会もある。最後になるので頑張りたい」と力強く語った。

 寺嶋校長は「続けることは大切なこと。勉強でもスポーツでも、こつこつやっていくことで上手にできるようになる」と語り、簡単なことでも自分から毎日続けるものを持つよう呼び掛けた。また、3学期へ向け「インフルエンザが再び流行するかもしれない。風邪や交通安全に気をつけましょう」と呼び掛けた。

 南信教育事務所飯田事務所によると、同日始業式を行ったのは同校と阿南第二中学校の2校のみ。6日には6校が始業式を行い、7日をピークに、8日までに全小中学校が3学期を迎える。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事