新阿智中学校が開校

学校・教育

[ 2011年 4月 6日 水曜日 15時36分 ]

 清内路、浪合、平谷の3中学と統合した新阿智中学校(佐川浩一校長)が5日に開校し、各地域から集まった生徒238人が、真新しい校舎での中学生活をスタートさせた。

 中学統合は阿智中の校舎改築に伴い、2006年5月に阿智村教育委員会から下伊那西部各村の教委に提案され、保護者や地域の意向を踏まえて検討した結果、4中学の統合が決定。昨年度から清内路、この日から浪合と平谷村の生徒を加え、統合阿智中が歴史が名実ともに始まった。

 木をふんだんに使った新校舎は合併特例債、国の補助金を含む24億円で建設し、校歌には浪合と清内路、平谷のシンボル(御所の里辺、おおまき、平谷の峰)を盛り込んだ新三番を加えた。生徒の融和を図るため、統合前には中学間交流も盛んに開いてきた。

 生徒の内訳は新1年生80人(阿智第一小28、第二小25、第三小9、浪合小7、清内路小8、平谷小3)、2年生73人(阿智中59、浪合中4、平谷中10)、3年生85人(阿智中75、浪合中7、平谷中3)。1・3年生は3クラス、2年生は2クラスとした。

 生徒たちは午前9時40分までに徒歩・スクールバスで登校すると、浪合と平谷の生徒を迎える会で互いに自己紹介。式の準備と校歌の練習、清掃に続き、仲田耕治さん(南信美術会役員)が制作し、名誉村民でGOKOカメラ会長の後藤正さん(84)が寄贈したブロンズ像「刻(とき)」の除幕式と開校式、入学式に臨んだ。

 玄関前で行われた除幕式で、後藤さんと佐川校長、教育委員、正副生徒会長らが幕を引くと、学校の思い出を刻むイメージを若い男女の姿で表現した像が登場。生徒たちは拍手で祝った。

 後藤さんは「どんな環境に生まれようと、人生には困難や苦しみが詰まっている。人間にとって最大の喜びはそれらに挑み、乗り越えた時に得られる。在学中、卒業後にこの像を見るたび、そのことを思い出して」、佐川校長は「将来の夢に思いをはせているかのような像。学校のシンボルとして大切にしたい」と語った。

 式典では岡庭一雄阿智村長と塚田教育委員長らが、誇りを持ち、大きな目標に向かって力を合わせ、互いを高め合うよう呼び掛けた。

 古い校舎は5月から解体し、中庭などを含む外構工事は10月までに終了する予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞