旭ケ丘中で前庭の修繕作業

学校・教育

[ 2014年 7月 14日 月曜日 9時03分 ]

 飯田市立旭ケ丘中学校(羽生武彦校長、652人)は、全校作業で学校正面玄関前の「晴明の庭」の修繕作業を続けている。生徒自身が関わることで「学校の歴史を自分たちで作る」という思いを深めている。

 学校前の枯山水の庭は、開校2年目にPTA作業で作られた。5本の松と5つの大石があり「学ぶ」「働く」「忍ぶ」「考える」「信じる」という生徒たちの心を表している学校のシンボルだ。10年前の20周年の時にはPTAや地域有志で修繕作業を行ったが、新しい学校を自分たちで作ろうと全校での作業を続ける。

 同市北方の文吾林造園(原孝昭社長)と同市山本の伍福園(小田切通利社長)の協力の下、720平方メートルほどの庭の白川砂を集めて洗い、防水シートを張り替えて再び白川砂を戻す。

 8日から学年3クラスずつが交代で石集めの作業を開始。じょれんやみの、スコップなどを使って0・6立方メートルのフレコンバックに詰めている。11日には、1年生3クラスが石集めの作業に汗を流した。

 「皆で協力し合ってできるのはいいことだと思う」「見たことのない作業。完成したら自分たちで庭を直したと思えるはず」と生徒たちは話す。

 羽生校長は「地域の人々と作った庭をシンボルとして周年記念のたびに再生してきた。節目の年に生徒自身が作業に携わったという思い出が残る。新たな学校の歴史を自分たちで作る機会にしたい」と話していた。

 同校は30周年記念事業として「晴明の庭」の再生を皮切りに記念誌の発刊を行うほか、文化祭「かやの木祭」(9月26、27日)では、三四六さんによる記念講演、地域の人々とのパネルディスカッション、祝賀会などを予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24