旭ケ丘中学校で入学式

学校・教育

[ 2016年 4月 7日 木曜日 9時01分 ]

 飯田下伊那各地の小中学校で4日から6日にかけて入学式が行われた。飯田市立旭ケ丘中学校(羽生武彦校長)では221人が入学し、全校生徒数は651人に。6日に開いた入学式では、家族や地域住民らに祝福を受けながら学校生活をスタートさせた。

 式典では、新しい制服に身を包んだ新入生が先輩の生徒や教職員、保護者らに拍手で迎えられながら入場し、緊張した様子で席についた。

 羽生校長は入学を祝い「中学校は子どもから大人への架け橋の時。自立と協働の力を身に付けるために学ぶ、貴重な3年間になることを期待する」と激励した。

 続いて市教育委員会や来賓らの祝辞、祝電披露、新入生や保護者の代表あいさつなどが行われた。

 県南信教育事務所飯田事務所によると、飯伊の小中学校と養護学校計66校の入学式のピークは5日。市教育委員会によると、市内では5日に11小学校と5中学校、6日に8小学校と4中学校で行われた。3月1日現在で市内の入学予定者数は小学校904人、中学校961人となっている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞