旭ケ丘中学校で入学式

学校・教育

[ 2016年 4月 7日 木曜日 9時01分 ]

 飯田下伊那各地の小中学校で4日から6日にかけて入学式が行われた。飯田市立旭ケ丘中学校(羽生武彦校長)では221人が入学し、全校生徒数は651人に。6日に開いた入学式では、家族や地域住民らに祝福を受けながら学校生活をスタートさせた。

 式典では、新しい制服に身を包んだ新入生が先輩の生徒や教職員、保護者らに拍手で迎えられながら入場し、緊張した様子で席についた。

 羽生校長は入学を祝い「中学校は子どもから大人への架け橋の時。自立と協働の力を身に付けるために学ぶ、貴重な3年間になることを期待する」と激励した。

 続いて市教育委員会や来賓らの祝辞、祝電披露、新入生や保護者の代表あいさつなどが行われた。

 県南信教育事務所飯田事務所によると、飯伊の小中学校と養護学校計66校の入学式のピークは5日。市教育委員会によると、市内では5日に11小学校と5中学校、6日に8小学校と4中学校で行われた。3月1日現在で市内の入学予定者数は小学校904人、中学校961人となっている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21

例大祭での初披露に向け

4月5日月曜日16:20

現職15派、新人12派予定

4月3日土曜日13:52

希望の春 温かい祝福受け

4月3日土曜日13:27

就農研修4期生5人が入所

4月2日金曜日15:37










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞