東中生と下農生 りんご並木に花苗4000株

学校・教育

[ 2013年 7月 1日 月曜日 15時55分 ]

 飯田東中学校の全校生徒250人と下伊那農業高校の農林委員30人は28日、りんご並木で花苗の植え付けを行った。生徒らは、「りんご並木の足元を花で彩り、観光客など訪れる多くの人に楽しんでもらいたい」と、周りの草取りをしながら、丁寧に苗を植えていった。

 この日は、ことし4月に種をとり、同委員らが発芽させ育ててきた、サルビア、アゲラタム、マリーゴールドの苗約4000株を植えた。高校生が穴を掘り、中学生が苗を植える手順で実施。作業を協力するとともに、りんご並木や花について笑顔で会話を交わし、交流を深める姿も見られた。

 下農農林委員会の委員長(17)は「中学生との交流を通じ、飯田市のシンボルであるりんご並木を、花で飾ることができうれしい。東中生のりんご並木を守る活動には頭が下がる思い。今後もその活動に少しでも貢献できれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞