東京の中学生が田植え体験 今田平 農業の厳しさと喜び学ぶ 

学校・教育

[ 2018年 5月 15日 火曜日 15時19分 ]

田植えを体験した東京の中学生たち

 体験旅行で飯田市などを訪れている私立実践女子学園中学校(東京都渋谷区)の2年生219人が14、15の両日、農業法人今田平(同市龍江)の指導で田植えを体験した。

 自然に触れる機会の少ない都会の中学生が食のありがたさを知る機会に―と、岐阜県恵那市岩村に眠る学園の創立者、下田歌子氏の墓参りと合わせて恒例化しているプログラムで、14日は117人が汗を流した。

 最初に水稲栽培について講義を受けてから田んぼに入った生徒たち。足を入れると水の冷たさや泥の感触に悲鳴が上がった。合図に合わせて両サイドから田植えを開始し、スタッフから苗の持ち方などをアドバイスされながら作業に励んだ。

 小学校のころにも田植えを体験したことがあるという生徒(13)は「泥に足がはまって何度もこけそうになったけど、みんなで田植えを楽しむことができた」と話していた。

 生徒たちが植えた苗は同法人が育て、収穫する米は学校で味わう。

 今田平は体験旅行を受け入れて20年目で、本年度の受け入れはこの日からがスタート。田植えのほか、リンゴの摘果、イチゴハウス内の作業、ブドウの袋がけなどの体験プログラムが9月末まで続く。

 大平盛男社長(80)は「田植え体験を通じて農業の厳しさと秋の収穫のときの喜びを知ってもらえれば。スタッフも指導力を向上させ、双方が満足のいく体験プログラムを模索していく」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15