東京の女子中学生が今田平で田植え

学校・教育

[ 2016年 5月 18日 水曜日 8時02分 ]

 体験旅行で飯田市などを訪れている実践女子学園中学校(東京都渋谷区)の2年生273人が16、17の両日、農業法人今田平(同市龍江)の指導で田植えを体験した。

 自然に触れる機会が少ない都会の女子中学生が、食のありがたさを知る機会に―と、岐阜県恵那市岩村に眠る学園の創立者、下田歌子氏の墓参りと合わせて恒例化しているプログラムで、16日は153人が汗を流した。

 田んぼの中に恐る恐る足を入れ、水の冷たさと泥の感触に悲鳴を上げた生徒たちは、笛の合図に合わせて両サイドから田植えを開始。スタッフから苗の持ち方などをアドバイスされながら作業に励んだ。

 中央委員(生徒会役員)で横浜市在住の生徒(13)は「嫌だなと思っていたけど、やってみたら水の中にオタマジャクシとかがいて、都会とは違う魅力を感じた」と話していた。

 生徒たちが植えた苗は同法人が育て、収穫するコメは学校で味わう。

 今田平は体験旅行を受け入れて18年目で、本年度の受け入れはこの日からスタート。田植えのほかリンゴの摘果、イチゴハウス内の作業、ブドウの袋かけなどの体験プログラムが9月まで続く。

 大平盛男社長は「初めて来る生徒たちにとって、田んぼに入る一歩目が非常に難しい。農業の厳しさだけでなく楽しさも味わえるよう、反省を生かして教える側の力量も上げていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞