松尾小 「まけるな」相撲大会 全校児童が参加

学校・教育

[ 2015年 10月 30日 金曜日 16時10分 ]

 飯田市立松尾小学校(林司校長、774人人)で27、28の両日、全校児童が参加する「まけるな相撲松尾場所」が開かれた。学校目標の「まけるな」を具現化するため精神力を鍛えるのが目的。ことしで9年目を迎え、同校の特色ある活動の1つとなっている。

 同校には2007(平成19年)年、松尾出身で日本相撲連盟会長だった故松村豊さんによって土俵がつくられ、個人戦男女トロフィーと団体の部6年優勝カップが寄贈された。団体の部5年―1年の優勝カップは当時の伊藤雅之校長が寄付。個人戦男女優勝者には毎年PTA特別会計からメダルが贈られる。

 児童たちは体育の授業で相撲に取り組むほか、相撲大会に向け2週間前から学年ごとに朝と午前の20分休みに強化練習を重ねてきた。大会は学年ごとに2日間に分かれ、クラスごとの団体戦と男女の個人チャンピオンを決める個人戦を展開。力のこもった試合に児童や父兄から大きな歓声と拍手が送られた。

 この4月に赴任した林校長も熱戦に感動。「1対1で向かい合う場が子どもたちにとって数少ない。そのような場を持てるのは子どもにとってしあわせだし、親や先生にとってもその瞬間を見れてしあわせ」と感想を語った。

 同校には部活としての相撲部があるほか、伊賀良や上郷などの小学生も参加する社会体育の地域スポーツとしての相撲クラブもある。2年の時から相撲部に入っている6年の男子児童(12)は「個人戦で5年の時も優勝したので2連覇が目標。緊張するが自信はある」と語った。

 児童たちの相撲指導にあたる監督によると、同校の相撲大会は全校生徒が必ず取り組む学校行事として全国的にも珍しい。「自分の弱い心にまけないで人と向き合ういい経験になる」と言い、礼儀作法の指導にも力を入れている。

 6年生の孫の応援に訪れた男性(68)は「木曽出身の御嶽海もいるので、相撲が県全体に普及してくれれば。子どもたちの元気なしぐさを見ると元気がもらえる」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01