松尾小と下農高生  多彩なカーネーションをアレンジ

学校・教育

[ 2011年 10月 5日 水曜日 15時28分 ]

 品評会に出展された多彩なカーネーションを用いたフラワーアレンジメント講座が3日、飯田市立松尾小学校と松尾公民館で開かれ、児童や高校生らが花々の魅力を体感した。同校では6年4組の児童34人がフラワーバスケットを制作。同館では下伊那農業高校園芸クリエイト科で草花を専攻する3年生11人がパーティー用の大作を仕上げ、市内の病院や福祉施設へ寄贈した。

 生産量が日本一という県内産のカーネーションを通じて花に親しんでもらおうと、南信ハウスカーネーション組合飯田地区(小林郁夫代表)が企画し、先月30日に市内であった同組合の第41回品評会に出展されたカーネーション約2000本を提供。講師は飯田生花商組合(伊藤篤組合長)の組合員らが務めた。

 児童たちは、伊藤組合長の実演や「贈りたい相手のことを思い浮かべて制作してみて」「自分がきれいと思える作品にしよう」などの助言を受けてから制作開始。ドン・ペドロ、クレオス、シルクロード、スターチェリーなどなど、多様な形状や色彩のカーネーションを適当な長さに切り、円形のバスケットに飾り付けていった。

 生花店で働くのが夢という女子児童(11)は「自分で色や種類の組み合わせを考えながら生けるのが楽しい」とにっこり。おばあちゃんに贈るという男子児童(12)も「あまり花には興味がなかったけれど、これは、はまる。初めてにしては上出来」と笑顔で話した。

 黙々と取り組む児童たちを見守った小林代表は「フラワーアレンジメントを楽しみながら花々の魅力を実感し、将来にわたって大いに利用してもらえるとうれしい。持ち帰った家庭内でも、ぜひ広めてほしい」と期待していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28

137人・46社が参加

2月18日木曜日15:51

移住促進を一体的に

2月17日水曜日15:12

飯田市予算案21年度474億円

2月17日水曜日15:01

移住や広域観光で連携

2月16日火曜日15:23










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞