松尾小児童が稲刈り体験

学校・教育

[ 2013年 10月 4日 金曜日 9時44分 ]

 飯田市立松尾小学校の校内にある田んぼで3日、5年生132人が稲刈りを行った。同校では毎年、5年生が年間を通して米作り体験学習を実施している。ことしも学校内の田んぼ4・5アールで5月下旬にしろかきを行い、うるち米「天竜おとめ」の田植えをして生育を見守ってきた。

 昨年に続いてことしもれんげ農法による米作りを実践する「松尾れんげの会」の男性の指導を受けた。昨年はレンゲを栽培し10アール当たり10俵と標準以上の収穫があったが、ことしは春先の凍みが厳しかったため、レンゲの芽が枯れてしまった。

 また、昨年は機械でしろかきを行ったが、ことしは児童たちが足で踏んで土を軟らかく平らに均す方法を初めて取り入れた。

 この日、稲刈りの指導に来校した男性は「4・5アールで4俵の収穫は非常にいい。昨年と同じぐらいの収量を確保できた。ことしはレンゲの出来が悪かったが、その分だけ有機質肥料の追肥で補った。病害虫もなかった。学校とコラボで子どもたちにれんげ米を伝えていきたい」と語った。

 児童たちは熱中症予防のため水分を補給しながら稲刈りに汗を流した。落穂を丁寧に拾い集めていた5年の女子児童は「すごい豊作で猫の手も借りたいぐらい大変。学校で収穫祭をやったら、抹茶を入れた米粉パンや、つぶあんを水に溶かした和風パンを作りたい」と楽しそうに話した。

 5年4組担任の教諭は「ことしは風で倒れることもなく、水の心配もなかった。非常に順調にきた。子どもたちがかかしを24個作ったが、これだけのかかしを作ったのは初めて」と語った。11月の収穫祭にはお世話になった人たちを招き、新米でおにぎりを作って食べるという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04

モモさん題材のオペレッタも

2月12日水曜日15:54

無病息災願い事の神送る

2月11日火曜日13:28

初のチョウザメ料理コンに11品

2月11日火曜日13:18

代田氏大会の精選に言及

2月8日土曜日14:31

やりたいことの実現を

2月8日土曜日14:25

来年度事業に住民も意見

2月7日金曜日16:15








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞