松川中の起業体験「チャレンジショップ」出店に向けて準備着々

学校・教育

[ 2014年 6月 27日 金曜日 11時25分 ]

 松川中学校の2年生が事業の企画から店舗の出店までを行う起業体験「チャレンジショップ」で、生徒たちは24日、設立する会社の名称と組織を決めた。販売する商品の検討にも入り、自由な発想で意見を出し合った。

 チャレンジショップは2年生117人のうち16人が参加を希望した。

 8人ずつの2つのグループに分かれ、それぞれ会社を立ち上げる。この日、会社の名前を考え、社長、商品開発部長、製造部長、マーケティング部長、経理部長といった役割を決定。一つのグループは会社名を「おいでなんよ~ ショップ松中」にした。

 社長に就いた男子生徒(13)は「地域の人たちの思いが通うような店にしたい」と意気込みを語った。

 また、パンなどの製造・販売「フカツ」(同町元大島)の深津純社長を迎え、「いいものを売るのは当然。売る人に会いに来たいと思われる店を目指してほしい」などとアドバイスを受けた。

 今後、8月をめどに収支計画を作成。企画書をもとに9月には金融機関から資金調達し、商品の広報を始め、11月下旬の週末2日間を使って販売する予定。店は町中心部のあらい商店街の空き店舗を活用する。

 生徒が自ら出品するのは初めて。増え続ける空き店舗の活用も兼ねた試みで、約40の商店でつくる「あらい商店街連合会」が町教委に提案、実現となった。同連合会の和地雅二会長は「挑戦する生徒には将来、あの時の経験があって商売を始めたと言ってもらえたらうれしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞