松川中学校で郷土料理の調理実習

学校・教育

[ 2015年 9月 26日 土曜日 8時37分 ]

 松川町松川中学校で25日、郷土料理の調理実習が行われ、1年1組の生徒約30人が五平餅作りを体験した。

 家庭科の時間を使い、農産物加工施設「味の里まつかわ」(同町生田)で五平餅の製造を担当しているメンバー3人から伝統の作り方を教わった。

 生徒は炊いたばかりのご飯を粘りが出るまでつぶし、直径5センチ、厚さ1・8センチの金属製の丸い型抜きを使って丁寧に成型した。大きさは1つ38グラム。2個をくしに刺して表面を焼いた後、白ごまを混ぜたくるみみそを塗って完成させた。

 初めて体験したという男子生徒(12)は「ちょっと難しいけど、でき上がりが楽しみ」と語った。

 五平餅作りは郷土料理を知ることでふるさとの魅力と郷土食の良さを感じてほしい―と6年目の取り組み。毎回講師役を務める味の里まつかわ代表の米山由子さんは「地域の食文化を知る良い機会になる。手作りのものをおいしく味わって」と話した。

 1年生約120人は4つのクラスごと、来月1日にかけて体験する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞