松川中2、3年生がリンゴの摘果慎重に

学校・教育

[ 2012年 5月 9日 水曜日 15時49分 ]

 松川町の松川中学校2、3年生計282人が8日、町内の果樹農家を訪れ、町特産のリンゴの摘果作業などを体験した。慎重に手を動かし、徐々に慣れるとリズム良く摘み取った。

 同校によると、1956(昭和31)年から続く恒例の農業体験。キャリア教育に組み込まれ2、3年生が体験している。

 昨年は雨のため中止になり、実施は2年ぶり。2、3年生で計77のグループをつくり、総合的な学習の時間を使ってそれぞれ受け入れ農家を訪問した。

 このうちフジを中心に約3ヘクタールでリンゴ栽培する元大島の男性(47)方では摘果作業が盛り。訪れた6人は、中心果を残すなど作業方法を聞き早速、摘果の注意点を確認しながら作業に汗を流した。摘果作業は初めてという生徒の姿も多く、2年の男子生徒(13)は「とっても貴重な体験。自分たちが作業した枝に、秋にどんな実が付くのが楽しみ」と話した。

 松川中では、キャリア教育の推進などを目的にした「松中サマー・トライやる!」を継続する。学年ごとに異なる体験をできるのが特徴で、1年生が保育園、2年生が商工業関係、3年生が福祉施設。全校生徒が夏休みの期間中に3日ずつ体験する。さらに2、3年生は年に1度農業体験も行っており、3年間の体験学習は4種類計11日に及ぶ。このキャリア教育の取り組みが、昨年度の文部科学大臣表彰を受けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞