松川北小 ホタルの生息環境を整備

学校・教育

[ 2014年 12月 5日 金曜日 9時20分 ]

 松川町松川北小学校は本年度、ホタルの生息環境を整備する取り組みを始めた。校舎の東側にある水路では毎年、ヘイケボタルが数匹確認され、水路に手を加えることで「ホタルの学校にしたい」としている。

 校舎の東側にはL字型の水路がある。幅1メートル、長さ138メートル。同校によると、かつて取り組んだ「ホタルがすめる環境づくり」の名残りで、いまでは手付かずだった。ただ、それ以降も毎年夏になるとホタルが数匹舞い、再び生息環境を整備することにした。

 保護者らが水路にたまった泥を取り除き、3日は4、5年生計54人が中心になって水路に石を敷いた。大島の町営温泉宿泊施設「清流苑」近くで、ホタルの環境整備に取り組む「ほたるの会」のメンバー11人も協力。用意された6立方メートル分の石を順番に運び入れ、ホタルのえさとなるカワニナが増えるようにと、ほたるの会のアドバイスで石を並べた。

 水路には近くの井水から水が注ぎ込まれ、ほたるの会によると、ホタルが生息する環境としては十分。カワニナが増えればホタルの乱舞もあるとみている。5年の男子児童の一人は「ホタルが飛び交うところを見てみたい」と笑顔で語った。

 今後は担当学年を決めて水路を管理し、ホタルの学習にも役立てる。ほたるの会は今後も支援していく考えで、下井早苗校長は「地域と子どもがつながる良いきっかけになると思う」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52