松川北小児童とマダガスカル政府職員が交流

学校・教育

[ 2016年 4月 20日 水曜日 8時32分 ]

 18―20日の3日間の日程で松川町に滞在しているアフリカの島国マダガスカルの政府職員ら13人が18日、松川北小学校を訪ね、全校児童141人と交流した。

 滞在は、国際協力機構(JICA)の国別研修「生活改善アプローチによる農村開発」コースの一環で、戦後の農村開発における生活改善運動を学ぶ狙い。農業省の農業農村組織支援局長や人口・社会保護・女性促進省の職員、国家栄養局のコーディネーターらが参加している。

 児童と研修員の交流会が同校体育館で開かれ、児童たちは金管バンドの演奏で歓迎し、童謡「夕焼け小焼け」を歌った。じゃんけんゲームでは勝敗が決まるたびに笑い声や拍手が起こり、楽しそうに触れ合う研修員の姿も見られた。

 給食の時間になるとクラスごとに2~3人の研修員を迎え、食事をとりながら親睦を深めた。

 また交流会では研修員からマダガスカルの位置や人口規模、言語、日本と似ている点などについて説明を受けた。6年の女子児童の一人(12)は「マダガスカルのことをもっと知りたいと思った」とうれしそうに話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞