松川東小 4年生が手作り臼で餅つき

学校・教育

[ 2012年 12月 20日 木曜日 15時29分 ]

 松川町松川東小学校の4年生全3人が丸太を使って臼を作り、19日、校内で栽培したもち米で餅つきをした。近くで採れたトチの実を加え、全校児童16人に振る舞った。

 臼は直径55センチ、高さ53センチ。地元住民から無償で提供を受け、同校講師がチェーンソーで深さ12センチほどのくぼみを作った。児童3人がのみを使って表面を滑らかに仕上げた。

 総合学習の一環として8平方メートルの田んぼで収穫した5合ほどのもち米を用意。準備を重ね、この日は蒸したもち米に水で煮たトチの実を混ぜた後、順番に餅をついた。

 見守った職員の「ヨイショ」の掛け声に合わせ、力いっぱいに杵を振り下ろす児童の姿も。女子児童の一人は「みんなにおいしいお餅を味わってもらいたい」といい、張り切っていた。ついた餅はきなこ餅にして全校児童に配った。

 餅はやや水っぽくなってしまい、年内にもう一度挑戦する予定。講師は「手作りしたもので味わう喜びを感じとってもらえれば」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞