松川町3小中学校でコスタリカ料理給食

学校・教育

[ 2019年 1月 23日 水曜日 15時36分 ]

 松川町の小中学校全3校で22日、給食にコスタリカ料理が提供され、児童生徒約1000人は食べ慣れない料理に興味を示し味わった。

 町は、2020年東京五輪・パラリンピックの「ホストタウン」構想の相手国となる中米コスタリカとの交流事業を進めており、コスタリカにちなんだ給食はその一環。

 牛肉や野菜を煮込んだスープ「オジャ・デ・カルネ」、ジャガイモなどを炒めて味付けする「ピカディージョ・デ・パパ」、トウモロコシ粉をこねて薄くのばして焼いた「トルティーヤ」など4品。いずれもコスタリカの伝統的な家庭料理といい、3校の栄養士らが栄養面などを考慮した上で本場の味に近づけた。

 料理が各教室に運び込まれると独特な香りが漂い、中学校の教室では「おいしそうなにおい」の声。早速口に運んだ2年の生徒(14)は「どれもおいしい」と笑顔で語った。

 来年度も行う予定で、高坂敏昭教育長は「子どもたちの異文化理解の一つになる」と期待を寄せた。

 18日は町内の保育園全5園でもコスタリカ料理を提供している。

◎写真説明:コスタリカ料理を味わう中学生

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞