松川高で語り部から満蒙開拓学ぶ

学校・教育

[ 2013年 12月 9日 月曜日 11時14分 ]

 松川高校の3年生で選択科目の「人文社会研究」および「異文化理解」を受講する22人は6日、満蒙開拓について学ぶ授業の一環として、元満蒙開拓青少年義勇軍の湯沢政一さんから、旧満州(中国東北部)での体験について聞いた。

 生徒らは、これまで10時間にわたり「地域史」とも呼べる満蒙開拓について学習を深めてきた。9月には阿智村駒場の満蒙開拓記念館の見学も実施。この日は、72年前の太平洋戦争開戦日である12月8日に合わせる形で、語り部の湯沢さんから生々しい体験談を聞き、あらためて平和の尊さについて考えた。

 「国のためと言われると心躍る軍国少年だったと同時に、満州に対し大きな憧れを抱いていた」と義勇軍に志願した当時を振り返る湯沢さん。この日は、1945(昭和20)年3月に15歳で満州へと渡った後、旧ソ連軍の侵攻により強いられた過酷な逃避行やハルビン収容所での生活、中国人に雇われ翌年10月に帰国を果たすまでの体験一つ一つを、かみしめるように語った。

 過酷な環境下、満州では多くの仲間が病死したといい、「遺体は凍った川の上に置かれたが、やがて春になると川を下り、日本海へ出て霧となり、雨となって故郷の山川に帰ってきた」と声を詰まらせた。また、共に満州に渡った幼なじみも病死したため、帰国を果たした際も「うれしくて真っ先に家に帰りたいという思いがある反面、幼なじみの両親に何と伝えればいいのか分からず、家まで遠回りをして帰った。あの時の切なさは忘れられない」と話した。

 湯沢さんの話を聞き終えた生徒からは、「今の生活がいかに恵まれたものであるかを、あらためて気づかされた。今日聞かせていただいた話を、家族や友人にも伝えていきたい」、「多くの人の死に触れられた無念さは計り知れない。この歴史を知った私たちも未来に語り継いでいくことが、平和であり続けるための道だと思った」、「今の世の中は命やお金が軽んじられている気がする。考えをあらためるべき」などの感想が寄せられた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01

ていざなすの出荷始まる

7月3日金曜日15:31

購入希望受け付け始まる

7月2日木曜日16:22

天竜川架橋と日照補償

7月2日木曜日16:37

34人検体採取し全て陰性

7月1日水曜日15:04

餌運ぶ姿に歓声

7月1日水曜日15:21

同じ顔ぶれ一騎打ち

6月30日火曜日15:07

学年超えて自主性育む

6月30日火曜日15:18

「公演楽しみに待って」

6月29日月曜日16:49

千代が誇る自然を体感

6月29日月曜日16:53

「焼肉のおともセット」発売

6月27日土曜日14:18








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞