松川高 選択授業で「手話」の成果披露

学校・教育

[ 2015年 10月 1日 木曜日 10時23分 ]

 松川高校は、3年生の選択授業「コミュニケーション技術」に手話を取り入れている。本年度は男女22人が選択し、29日は4月からの成果を披露。それぞれ手話を使って自己紹介して見せた。

 飯田市大瀬木の男性が11年前から講師を務める。男性は3歳ごろの高熱で耳が聞こえず話せない。そのため生徒たちは女性手話通訳者を通して学ぶ。

 コミュニケーション技術は前期に手話、後期に点字を行うため、この日は手話の最終回。生徒たちは1人ずつ登壇し、名前や誕生日、趣味、好きなスポーツなどを手話で紹介した。

 3年の女子生徒の一人は進学後に保育の仕事を希望する。「障害を持つ子どもたちにも対応できるように」とコミュニケーション技術を選んだ。発表では照れ笑いを見せながらも巧みに両手を動かし、拍手を受けていた。

 7月の同校文化祭では流行の歌詞を手話で表現した。4月から授業に加わり、文化祭でも生徒ともに発表した新海節生校長は「生徒と一緒に学ぶ良い機会になった」と話した。

 授業後は男性講師を囲んで集合写真を撮り、別れを惜しむ生徒の姿もあった。男性講師は「ここで学んだことを忘れないでほしい。みんなが手話を理解し、コミュニケーションがとれる運動が広がれば」と願った。

 選択授業は週に2回。10月からの後期では点字を学び、年度末には点訳した絵本を作って県松本ろう学校(松本市)に贈る予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25

町の子どもどう育てるか

9月10日木曜日15:08

「実りゆく」をお得に見よう

9月10日木曜日15:00








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞