松川高校で自家製そば粉のそば打ち体験

学校・教育

[ 2010年 1月 20日 水曜日 8時10分 ]

 松川高校(赤羽建利校長)は19日、選択授業「環境緑化」で、3年生18人がそば打ちを体験した。生徒らは慣れない手つきながらも、自分たちで栽培、収穫した思い入れのあるそば粉を懸命に打ち、出来上がった特別なそばに舌鼓を打った。

 同授業は地域の人たちとの触れ合いを通じて、地元の農業を学ぼうと実施。ソバの栽培はことしで4年目を迎える。松川町の若手農家3名を非常勤講師に招き、飯田市上村の自然環境コーディネーター、岡井武司さん(58)協力のもと、7月の種まきから11月の収穫、12月の脱穀と作業を進めてきた。

 この日は、脱穀後岡井さんが製粉したそば粉を使い、そば打ちを体験。生地のこね方、のばし方、切り方など岡井さんの実演指導を受けたあと、それぞれグループに分かれ実際にそばを打った。生徒らは、各工程ごと出来栄えに一喜一憂し、初めての体験を楽しんでいた。また、出来上がったそばの試食会が始まると、教室のあちこちから「うまい」の声が上がった。

 生徒の水嶋淳二君(18)は「意外と生地が硬く、こねるのが大変だった。なかなか思った通りにはいかなかったが楽しくできた」と話し、非常勤講師の宮下智博さん(30)は「切り方がみんなうまくて驚いた。楽しみながらも熱心に取り組む姿を見ることができ良かった」と笑顔で生徒らを見つめていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞