松川高校生徒が絵本の読み聞かせのポイント学ぶ

学校・教育

[ 2009年 11月 19日 木曜日 8時03分 ]

 松川町上片桐の松川高校で選択科目「発達と保育」を受講する3年生15人が18日、元上郷図書館長で「ガンバの会」主宰の下沢洋子さん(60)=高森町下市田=を講師に、絵本の読み聞かせのポイントを学んだ。子ども目線に立った絵本の選び方や読むときの視線など具体的なアドバイスを受けた。

 下沢さんは読み手の心構えとして「読み聞かせのときは子どもに顔を向けない。絵本を紹介する立場が目立っちゃだめ。絵本を見て読んでいく」と指摘。子どもたちの反応は読み聞かせの始めと終わりに確認するよう呼び掛けた。

 また、最も大切なポイントとして絵本の選び方を挙げ「大人の目線で選ばないこと。年少だったら36カ月しか世の中で生活していない。そういう子たちに何を選ぶか。心の奥深いところで楽しみ、いい時間だったなと思えるような本を読んで」と語った。

 生徒は2人1組で読み聞かせを行い、続いて代表生徒が全員の前で発表した。人前で読むのは3回目という松井勉君(17)は「知った顔ばかりなので緊張した。子どもの反応を見て読むと思っていたので、子どもの方を見ないと聞いて驚いた。将来子どもができたら役立つと思う」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21

例大祭での初披露に向け

4月5日月曜日16:20

現職15派、新人12派予定

4月3日土曜日13:52

希望の春 温かい祝福受け

4月3日土曜日13:27

就農研修4期生5人が入所

4月2日金曜日15:37










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞