根羽中生徒会が清掃活動

学校・教育

[ 2012年 6月 1日 金曜日 9時32分 ]

 根羽村の根羽中学校生徒会は30日、学校の近くを流れる矢作川(根羽川)周辺で全校清掃を行った。

 生徒会による河川清掃は、村を挙げての水質保全と河川清掃が始まった1978(昭和53)年以来続く伝統行事。太平洋に注ぐ矢作川上流の景観を自ら守る気持ちと、環境問題への関心を高めるきっかけとしている。

 この日の作業は年3回予定している清掃活動の1回目。全校生徒26人は平瀬橋付近で縦割りの4班に分かれると、1時間半にわたって水辺や堤防、道路沿いに100メートル続く花壇の草刈り作業に励んだ。

 生徒会長は「いつもの年より細かい所までしっかりやれて、いい作業になった」と笑顔で話した。

 PTAはきれいになった一帯で魚釣り・魚つかみ取り大会を7月7日に予定しており、生徒会は大会直前にも清掃する。道路沿いの花壇には6月中旬に、マリーゴールドとサルビアの花を親子で植える。

 生徒会は国と県の河川協会から99年、2010年の2回にわたって河川功労表彰を受けたほか、愛知県の「矢作川をきれいにする会」(88年、03年)、飯伊地域環境浄化推進協会(88年)、矢作川沿岸水質保全対策協議会(89年)からも表彰を受けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio