楽しい人形劇 笑顔誘う

学校・教育

[ 2020年 12月 22日 火曜日 15時00分 ]

 飯田市南信濃の和田小学校4年生8人でつくる人形劇団「和田レインボー劇団」は22日、上村小学校の3、4年生5人を和田小に招き、人形劇を披露した。地元遠山郷の人や飲食店、かぐらの湯などの話題を盛り込んだ親しみやすい物語を生き生きと演じ、笑顔を誘った。

 和田小では毎年、4年生が「いいだ人形劇フェスタ」に向けて人形劇に挑戦。今年はフェスタが中止となったため、11月の南信濃地区芸術祭での発表を目標に、約1カ月をかけて準備した。皆でアイデアを出し合い物語をまとめ、人形も手作りした。

 芸術祭での公演が好評で、大きな達成感を得た児童ら。「もっと演じたい」「たくさんの人に見てもらいたい」との思いに学校が応え、上村小児童を招いた発表会を企画した。

 物語は日本の昔話「さるかに合戦」がベース。児童らが2年生の時、学校のプール近くにある大きなユズの木の下に秘密基地をつくった思い出を加え、「地域の豊かな自然の中、人も動物も仲良く暮らしたい」との願いを込めた。

 物語の所々に出てくる地元の話題は笑いを誘い、役になり切り感情のこもった演技は大きな拍手を呼んだ。男子児童の一人(10)は「人形が見やすいように、セリフが早口にならないように心掛けた」といい、「笑ってくれたり拍手をしてくれたり、みんなが喜んでくれてうれしかった」と笑顔を見せた。

 担任の山田裕教教諭(40)は「大人しい印象だった子どもたちが、人形劇を通じ、感情をしっかりと表現できるようになってきた。やり切った達成感と観客の反応に、自信も生まれている」と成長を喜んだ。

◎写真説明:人形劇を披露する和田小の4年生

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞