歌声や手紙で6年生を送る

学校・教育

[ 2020年 3月 2日 月曜日 15時24分 ]

 

 

 根羽村根羽小学校は2日、6年生を送る会を校内で開いた。教員らが見守る中、在校生は寄せ書きや写真などのプレゼントを6年生に手渡した。6年生はお返しに、5年生と協力して教室に体験ブースを開設。感謝の思いを込め、多彩な催しで在校生をもてなした。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校要請を受け、2日から臨時休校となった同校。同日の午前のみ登校した児童らは、10日に予定していた6年生を送る会を縮小して開いた。総合学習で根羽村をきれいにする「キレネバ」の活動に取り組んできた5、6年生が企画した1日カフェも中止となり、在校生への感謝の場として同日に校内で開くことを決めた。

 送る会では、5年生2人が司会を務め、「突然の休校で寂しい気持ちでいっぱい。先頭に立ち引っ張ってきてくれた6年生に感謝し、気持ちよく送りたい」と思いを伝えた。

 在校生たちは、6年生一人一人に宛てた寄せ書きや写真などをプレゼント。予定していた発表の代わりに、1、2年生は感謝の言葉や思い出をつづった手紙を贈った。

 会の終わりに「ひまわりの約束」の合唱を贈られた6年生は、キレネバ体験に在校生を招待。5年生とともに在校生を教室で出迎えた。

 積み木やジェンガ、木工体験の「木の体験」、演奏やマッサージの「いやし体験」、村に関するクイズの「根羽の体験」の3種の体験を企画した児童たち。村に関するクイズや合奏などで在校生をもてなし、木工体験では一緒になってペンたて作りに取り組んだ。

 6年生男子児童の一人(12)は「最初はどうやって村をきれいにするのか、ゴールが霧の中で見えなくて不安だった」と1年の活動を振り返り、「思ったよりも忙しく、みんなが楽しんでくれてうれしかった」と在校生への感謝を笑顔で語った。

◎写真説明:在校生から6年生へプレゼントを贈呈(根羽小学校)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞