歌声や手紙で6年生を送る

学校・教育

[ 2020年 3月 2日 月曜日 15時24分 ]

 

 

 根羽村根羽小学校は2日、6年生を送る会を校内で開いた。教員らが見守る中、在校生は寄せ書きや写真などのプレゼントを6年生に手渡した。6年生はお返しに、5年生と協力して教室に体験ブースを開設。感謝の思いを込め、多彩な催しで在校生をもてなした。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校要請を受け、2日から臨時休校となった同校。同日の午前のみ登校した児童らは、10日に予定していた6年生を送る会を縮小して開いた。総合学習で根羽村をきれいにする「キレネバ」の活動に取り組んできた5、6年生が企画した1日カフェも中止となり、在校生への感謝の場として同日に校内で開くことを決めた。

 送る会では、5年生2人が司会を務め、「突然の休校で寂しい気持ちでいっぱい。先頭に立ち引っ張ってきてくれた6年生に感謝し、気持ちよく送りたい」と思いを伝えた。

 在校生たちは、6年生一人一人に宛てた寄せ書きや写真などをプレゼント。予定していた発表の代わりに、1、2年生は感謝の言葉や思い出をつづった手紙を贈った。

 会の終わりに「ひまわりの約束」の合唱を贈られた6年生は、キレネバ体験に在校生を招待。5年生とともに在校生を教室で出迎えた。

 積み木やジェンガ、木工体験の「木の体験」、演奏やマッサージの「いやし体験」、村に関するクイズの「根羽の体験」の3種の体験を企画した児童たち。村に関するクイズや合奏などで在校生をもてなし、木工体験では一緒になってペンたて作りに取り組んだ。

 6年生男子児童の一人(12)は「最初はどうやって村をきれいにするのか、ゴールが霧の中で見えなくて不安だった」と1年の活動を振り返り、「思ったよりも忙しく、みんなが楽しんでくれてうれしかった」と在校生への感謝を笑顔で語った。

◎写真説明:在校生から6年生へプレゼントを贈呈(根羽小学校)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞