沖縄の児童がスキー体験 阿智村

学校・教育

[ 2017年 2月 4日 土曜日 14時13分 ]

自己紹介し合う阿智と沖縄の児童(阿智村浪合で)

 沖縄県沖縄市スポーツ少年団の小学生29人が、3日から5日までの日程で、阿智村を訪問している。4日は浪合の治部坂高原スキー場でスキーを体験。沖縄から来た子どもたちは初めて見る雪に大喜びしながら、阿智の子どもたちからスキーを教わった。

 沖縄市からの一行には、昨夏に少年野球の交流試合で阿智を訪問した野球クラブの児童も参加した。「夏に阿智村で見た星空がとてもきれいで、また来たかった」と小学6年の比嘉歩夢君(12)。同じく伊波敬太君(同)は「夏とは全然違う。雪を生まれて初めて見てすごくわくわくする」と話した。

 スキー体験では、浪合の通年合宿の小中学生と村の一般参加の児童の計13人が加わり、沖縄の子どもたちと一緒に活動して滑り方を教えた。清内路から参加した小学4年の門野翔太君(10)は「夏に沖縄で歓迎してもらったのでお礼をしたかった。スキーを教えるほどうまくはないけど一緒にうまくなりたい」と語った。

 スキーや雪遊びを体験した後は昼神温泉の鶴巻荘で、昨夏に沖縄市を訪問した阿智村の小学生との交流会を開催。翌5日には阿智村の小学生バレーボールチームとスポーツ交流を楽しんだ。

 阿智村と沖縄市の児童の相互訪問は、沖縄市議で飯田市出身の島田茂さんを通して始まり、2004年から続く。夏は阿智村の児童が沖縄を訪問し、平和学習や海水浴を行っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号