泰阜中で村長指導の弓道授業

学校・教育

[ 2017年 10月 5日 木曜日 15時39分 ]

001yasuoka

 泰阜村立泰阜中学校で2、3年生を対象にした恒例の弓道授業が始まった。松島貞治村長ら高段者が指導役を務め、今月末までの9時間を通して技術の上達を学ぶ。3年生は最終日、村役場隣の弓道場で26メートル先の的目掛けて矢を放つ予定だ。

 2012年から中学校の保健体育授業に武道が必修化されたことを受け、同校は村内で盛んな弓道を選択した。

 教士6段の腕前を持つ松島村長をはじめ横前明副村長や林節生村議会議長など村の弓道連盟に所属する5人が講師を引き受け、2年生15人と3年生14人が同中体育館で鍛錬に励んでいく。

 初めて弓道に触れる2年生は初日、松島村長が体育館の壁に立てた畳に向かって弓を放つ手本を見せると、正座や礼の仕方、弓を引くまでの基礎練習に臨んだ。

 生徒らは背筋を伸ばし、「打起し」から力を入れて弓を引き分けるまでの動作や型を学習。松下秀さん(13)は「弓を引くのは以外と重くて難しかった。矢を放つのが楽しみ」と話した。松島村長は「9時間では弓道を学ぶところまでできないかもしれないが、相手を思いやる心やフェアプレーの精神を身に付けてもらいたい」と生徒たちに呼び掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞