泰阜中生徒が職場体験キャリアデー

学校・教育

[ 2016年 8月 25日 木曜日 15時36分 ]

泰阜中キャリアデー

 泰阜村立泰阜中学校(下島一道校長)で23日から、全校生徒43人を対象にした職場体験学習「キャリアデー」が始まった。生徒たちは25日までの3日間、村内外の施設や事業所で仕事を体験し、今後の進路選択に生かしていく。

 

 真剣に職業と向き合うことを目的に、1年生から3年生までを対象に行う恒例行事。職場は段階的な体験になるよう学年ごとに内容を変えて実施している。

 

 1年生は役場や保育所、JAみなみ信州、阿南病院、阿南消防署などのほか村内事業所に訪れる。2年生は村内にある福祉施設、3年生は自分の興味ある職種を選んで村内外の事業所で体験する。

 

 村保育所を選んだ1年生3人は、ブランコなどの遊具を通じて遊び相手になったり、給食や昼寝など園児たちと同じ時間を過ごしながら保育士の仕事内容に触れた。女子生徒の一人(12)は「小さな子どもたちと関わることは楽しいけど、難しい場面もある。接し方を学んで、将来は保育士になりたい」と意欲的だった。

 

 生徒を受け入れた同保育所の高島玲子所長は「短い時間の中で、少しでも保育所の現状や保育士の仕事内容を知ってもらえれば」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号