泰阜村 山村留学生15人が来村、被災地からの受け入れも

学校・教育

[ 2011年 4月 8日 金曜日 15時03分 ]

 泰阜村の山村留学「暮らしの学校だいだらぼっち」の山村留学生15人が6日、村役場を訪れて「1年間お世話になります」とあいさつした。今年度は東日本大震災の影響で、被災地からの受け入れも予定している。

 だいだらぼっちは、まき割りや風呂焚き、料理、食器づくりなど日々の生活を通じた学びを重点にした山村留学。村内のNPO法人グリーンウッド自然体験教育センターが運営。ことしは小学生9人、中学生6人が1年間地元の学校に通いながら山村の暮らしを体験する。

 村役場を訪れた山村留学生は「まき割りを頑張りたい」「料理を頑張りたい」などの目標を語りながら自己紹介。松島貞治村長は「教育の究極は生きる力を学ぶこと。山村の暮らしを体験して生活力、人間力を培ってほしい」と激励。子どもたちは「1年間お世話になります」と元気良くあいさつした。

 埼玉県から今回初めて訪れた中学2年の男子は「自然がすごくきれいなところ。ものづくり、まき割りを頑張りたい」と語る。2年目で中学3年の女子さんは「ことしで最後。受験もあるので勉強もがんばりたい」と話した。

 保護者としてあいさつに訪れた千葉県我孫子市からの夫妻は当初、2人の子どものうち1人だけの予定だったが、震災により急きょもう1人も山村留学することにした。「余震が続いて子どもたちも不安を抱えている。瓦が落ちてしまい雨のたびに雨漏りがし、水道水の放射能にも怯えなければならない。安全な場所で受け入れてもらえてありがたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞