泰阜村で冬の山賊キャンプ

学校・教育

[ 2012年 12月 29日 土曜日 8時56分 ]

 泰阜村田本のNPO法人グリーンウッドによる「冬の信州子ども山賊キャンプ」が22日から1月6日にかけて行われている。期間中、全国から136人の子どもたちが訪れ、素朴な里山の冬の暮らしや泰阜村の正月行事などを楽しむ。

 年末年始にかけて行われる恒例のキャンプ。夏の山賊キャンプではアウトドアでの体験だが、冬のキャンプでは室内での生活とともに、ハイキングや正月飾り作り、餅つき、森林での遊びなどを体験する。

 キャンプの内容は参加した子どもの考えで決める。敷地内の里山で鬼ごっこや雪遊びをしたり、駐車場の凍りついた路面でスケートごっこをしたりと素朴な遊びがほとんどだが、どの子どもも心底楽しんでいる様子。東京都から6回目の参加という小学5年の男子児童と神奈川県から初めて参加した小学6年の男子児童は「自然がいっぱいあってみんなで楽しく遊べる」と笑顔を見せた。

 コースは伊那谷あんじゃね自然学校で宿泊する通常の「ベーシック」のほか、同村唐笠の集会所に宿泊しながら旧学友林で過ごす「チャレンジ」、大勢でのパーティーや二年参り、初詣、田本地区の元旦マラソンなど泰阜村の大みそかと正月を体験する「お年とり」の3コースがあり、このうち最も人気があるのは「お年とり」だという。

 辻英之理事長は「小規模な家族が増え、年末年始に親戚一同集まって過ごす機会も減ったため、そういった雰囲気を味わう体験が魅力なのだろう」と話していた。

 キャンプでは1月3日から6日にかけて福島県の児童18人も招待。夏冬通算で4回目の取り組みだが、キャンプ招待の支援のため、村内有志から米や野菜などが寄せられているほか、福島県の子どもたちのためデイサロン利用者がマフラーを編むなど善意の活動が展開されている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞