泰阜村のあんじゃね自然学校宿泊体験

学校・教育

[ 2011年 2月 1日 火曜日 9時49分 ]

 泰阜村田本の「あんじゃね自然学校」は27、28の両日、村内の小学生向けにまきと囲炉裏の昔ながらの生活を体験する宿泊体験を行った。村内の児童でも囲炉裏のご飯やまきでの五右衛門風呂を利用するのは初めて。

 あんじゃね自然学校は、村の伝統や自然を学ぶ場として、NPO法人グリーンウッド自然体験教育センターが村内の児童向けに毎月実施している。

 同所を見学に訪れた村老人クラブから「村内子どもたちでもまきや囲炉裏の生活は知らない。ぜひ村の子どもたちへも体験させてほしい」と提案があり企画した。

 参加した小学生3人は27日夕方、学校から直接あんじゃね自然学校へ。村内の農家から野菜をもらい、風呂用のまき割り。湯船の底に板が置いてある様子に驚いたり、湯加減の調節が難しかったりと初めての五右衛門風呂を体験。食事は囲炉裏で火を起こして鍋料理を食べた。

 翌日は、下駄箱の靴を夜のうちにタヌキに持って行かれたため、裏山で靴探し。昼食には囲炉裏で五平餅を焼いて味わった。

 あんじゃね自然学校を担当する佐野薫子さんは「子どもたちの親の世代は体験したことがあっても、今の子どもたちは知らない。この場所を村の子どもたちのためにもっと活用していきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞