浜井場小、育てたサツマイモを和菓子に

学校・教育

[ 2016年 12月 9日 金曜日 15時42分 ]

サツマイモを手渡す児童

 飯田市立浜井場小学校の3年生(30人)が育てたサツマイモを使って開発された和菓子が16、17日の2日間限定で、同市伝馬町の和菓子店「田月」(城田茂社長)で販売される。当日は児童らも販売の手伝いや呼び込みなどのPRを行う。

 商品は、もちを包み表面に焼き色をつけたふんわりとした食感の「いもこもち」(税込130円)と、パイ生地で包んで焼いたサクッとした食感の「いもパイ」(税込150円)の2種類。数量に限りがあり、それぞれ約100個の販売を見込んでいる。

 地域について学ぶ授業の中で10月に同店を訪れたことをきっかけに、「自分たちが育てたサツマイモで和菓子をつくりたい」と、城田社長指導のもとまずは芋ようかん作りに挑戦。お菓子作りの楽しさを体感した児童らは「もっといろいろなお菓子を作って多くの人に食べてもらいたい」と、商品化に向けた取り組みをスタートさせた。

 児童らはそれぞれアイデアを出し合い10種類ほどを城田さんに提案。その中から、城田さんのアドバイスや試食などを通じ、今回販売する2種類に決定した。

 商品の決定とともに、広告チラシの作成にも着手。8日、城田さんを学校に招き、チラシの案を紹介するとともに、「おいしい和菓子にしてください」と声をそろえ材料のサツマイモを手渡した。

 担任の水尻晃雄教諭は「商品のアイデアや広告の内容など、アドバイスをいただきながら、最後は子どもたちが考え決定してきた。『自分で考えること』に向き合う良い学習になった」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30