浪合小学校で終業式開く

学校・教育

[ 2013年 12月 26日 木曜日 9時37分 ]

 飯田下伊那各地の小中学校で、2学期の終業式が行われている。運動会や遠足、文化祭など、行事が盛りだくさんだった2学期を終え、児童・生徒らは冬休みを迎える。

 阿智村の浪合小学校(洞沢佳久校長、児童42人)では、飯伊の小学校でもっとも早い25日に終業式を実施。児童を代表して1年生2人と5年生1人が、2学期を振り返って作文を発表した。

 運動会でダンスができるようになったことや、水泳で速く泳げるようになったこと。マラソン大会に向けて毎朝練習をしたが足をくじいてしまったことなど、それぞれ努力したことを披露し「3学期には漢字をしっかりやりたい」「悔しい気持ちを来年に生かしたい」などと今後の目標や決意を語った。

 洞沢校長は今年実施した入学式や修学旅行、運動会、音楽会といった行事や、普段の学校生活を写真とともに紹介。子どもたちが学び合ったり活躍する姿を振り返った。

 「明日からは冬休み。大みそかや正月をおうちの人と楽しんで」とし、「新しい年に新しい気持ちを持って取り組み、新しい自分を見つけて。頑張りたいことを決めたり、自分のいいところを確かめてみて」と呼び掛けていた。

 飯田教育事務所によると、26、27日を中心に25―27日の3日間に飯伊の公立小中学校で終業式が行われる。3学期の始業式は1月6―9日に開かれる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞