海外で異文化を体験、根羽村中学生が帰国報告

学校・教育

[ 2016年 8月 1日 月曜日 16時11分 ]

根羽中学生海外研修 シンガポールでの海外研修から帰国した根羽村の中学2年生7人が7月31日、村役場で出迎えた大久保憲一村長や保護者に無事帰国したことと研修で学んだことを報告した。

 

 同村の海外研修事業は1997年から続く事業。ことしは根羽中学校の2年生全員が参加し、27日から同日までの5日間、シンガポールを訪問した。

 

 初日は太平洋戦争の戦没者の記念碑に黙祷を捧げた後、アラブ人街やチャイナタウンなどを訪問し、多様な民族と文化が共生している様子を学んだ。

 

 2日目はシンガポール国立大学日本語研究所の学生の案内で、生徒たちが各自の学習テーマに沿った研修先を訪問。生徒らは英語を使って現地の人とコミュニケーションをとった。

 

 また水資源に悩むシンガポールで下水を浄化して再利用している様子を見学し、矢作川の源流域として下流の住民のために水を大切にしている自分たちの学習や取り組みと重ね合わせた。このほか、自治体国際化協会を訪問し長野県の駐在員からシンガポールの生活や政治などについて話を聞いた。

 

 同校2年の男子生徒の一人(13)は「日本と違う部分が多くて勉強になった」と振り返った。引率した小木曽秀美教育長は「観光地で日本語が通じる場面も多かったが、生徒たちが積極的に英語を使っているのが印象的だった。有意義な研修ができたと思う」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号