清内路小で伝統のこま作り

学校・教育

[ 2016年 12月 8日 木曜日 15時21分 ]

こま作りを教わる清内路の子どもたち

 阿智村清内路の清内路小学校(川上清宏校長、26人)で8日、伝統のこま作りが行われた。地元住民7人に教わりながらヒノキなどの木をなたで削ってたたきごまを作った。

 清内路の昔ながらの遊びを伝えて、ふるさと愛を育む取り組みとして続いている行事。たたきごまは、硬い木をこまの形にしたものを、むちでたたいて回転させて遊ぶ。かつては清内路の子どもたちが自分たちで作っていた。

 児童たちは、地元の人々に教わりながらヒノキなどの木を削ってとがらせ、のこぎりで切り取ると、やすりなどで形を整えた。むちは木の棒にビニールテープを三つ編みにしたものを取り付けて作成。うまく回るよう重心が中心になるよう形を整えていった。

 「自分たちが子どもの時は藤づるの皮をむいてむちにした」と櫻井定蔵さん(87)は「外で遊ぶのも大事だけれど、冬は寒いので家で昔ながらのこまで遊んでもらえたら」と話した。

 4年の吉田珠雲君(9)と6年の櫻井勇太君(11)は「毎年やっているけど、形を整えて中心に合わせるのがなかなか難しい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞