火を見ながら試行錯誤、山村留学生が穴窯焚き

学校・教育

[ 2010年 12月 14日 火曜日 15時09分 ]

 泰阜村の山村留学暮らしの学校だいだらぼっちの児童生徒8人が10日から12日にかけて陶芸の窯焚(だ)きに挑戦した。ことしは多くの子どもが入れ替わり、1年目の子どもがほとんど。火の様子を見ながらタイミングを見計らい、薪(まき)をくべていった。

 同山村留学では、陶芸家の大越慶さんの指導のもと、子どもたちの活動に陶芸や窯焚きを取り入れている。1学期は自分たちの食器を作り、ガス窯で焼き上げ陶芸の基礎を覚え、2学期にからは薪窯を使った本格的な窯焚きに挑戦している。

 今回は子どもたちが家族や友人向けに制作した食器や置物などを窯詰め。10日夜に火を入れてから12日昼まで3日間、昼夜子どもたちが当番で火を管理していく。窯の温度を徐々に上げていき最後には1200度を超えるという。

 日ごろから薪割りや風呂焚きで火の扱いに慣れてきた子どもたち。スタッフの大人たちはアドバイスするが、窯の中へ薪をいつ入れるか、何本入れるかは子どもたちが判断。仲間たちの大事な作品がうまく焼き上がるよう緊張しながら薪を入れていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞