生徒の学力向上に 松川中「水曜てらこや」始まる

学校・教育

[ 2017年 5月 11日 木曜日 15時09分 ]

「水曜てらこや」で教わる生徒

 松川町松川中学校で10日、町民らが講師役となって生徒の学習を支援する「水曜てらこや」が始まった。科目は数学と英語。本年度は2、3年生の計52人が受講を希望し、来年2月にかけて放課後の1時間を利用して学習を深める。

 開かれた学校づくりと地域ぐるみの学力向上支援を目的に、町教委が2013(平成25)年度から始めた「てらこや松中」の一環。水曜てらこやのほか、夏休み中の数日間や高校受験シーズンの直前にも行っている。

 水曜てらこやは、授業でのつまずきを早いうちに解消できればと、放課後に時間がとれる毎週水曜日に設定。15年度にスタートした。

 本年度は元教諭や塾の講師ら6人が指導に当たる。この日、生徒たちは学年や教科別、習熟度に応じて分かれ、それぞれ町教委が用意したテキストを開いて問題を問いた。分からないところがあると積極的に聞き、理解が進むとうれしそうにうなずく姿も見られた。

 学校側との連携も進み、夏休み中は英数以外の科目について教員が対応するようになった。高坂敏昭教育長は「学びたいという生徒が1人でもいれば、学校も教育委員会も協力を惜しまない。熱意ある生徒の学力を伸ばしていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞