田植えに悲鳴と歓声 今田平で体験旅行生受入始まる

学校・教育

[ 2015年 5月 13日 水曜日 14時00分 ]

 ことしも飯田市龍江の農業法人今田平(大平盛男社長)で農業体験旅行生の受け入れが始まった。11、12日には東京都渋谷区の実践女子学園中学校2年生約280人が訪れ、田植えを体験。長さ75メートル余の田んぼ両脇にずらりと並び、悲鳴や歓声を上げながら一斉に田植えを行った。

 同校は毎年、移動教室の一環として農業体験旅行を実施。今田平での田植えは、岐阜県恵那市にある同学校創設者の墓参りと合わせて8年目を迎えた。

 田んぼに足を踏み入れた生徒たちは、ぬるっとした泥の感触に驚き、アメンボやカエルを見つけると悲鳴も。それでも3本ずつ手に苗を持ち、田んぼに張った綱に沿って植え込みを開始すると、1時間半ほどで植え終えた。

 生徒の一人(13)は「泥の感触が気持ち良かった。苦労して植えることで、これからは1杯のご飯を残すことなく食べたい」と話した。

 収穫した米は精米して同校に送る予定。大平社長は「田んぼに動物がいることによって食物が生育していく。土が米を作ることを知ってもらえれば」と話していた。今田平では南信州観光公社を通じて6月まで体験旅行を受け入れるという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞