町の子どもどう育てるか

学校・教育

[ 2020年 9月 10日 木曜日 15時08分 ]

 高森町のコミュニティースクール「高森町小中学校運営協議会」(湯澤正農夫会長)は8日、第2回の会合を開いた。委員らが町内3小中学校を訪問して授業参観し、町の子どもをどう育てていくか現状や課題を共有した。

 町全体のコミュニティースクールとして本年度発足。6月の初回はコロナ禍の学校教育や子どもの育ちについて意見交換したが、第2回は「実際に学校で過ごす子どもたちの様子を見て語り合おう」と企画した。

 同日は3校とも同協議会委員に開放。委員らが各校を訪れ、授業や休み時間などの児童生徒の様子を見守った。

 協議では、子どもたちの様子から「素直で優しいけれど積極性に欠ける。本来の力を発揮できる場が必要」などの課題を共有。「異なる立場で共通した見解を持つことが課題の解決につながる」「キャリア教育や子どもが地域に関わる活動を充実させたい」などと語り合った。

 「なりたい自分への挑戦」を基本理念に掲げる町教育大綱(2020~29年)の概要も確認した。地域や家庭、保護者で町の目指す子どもの姿を共有するため、11月以降に地域教育懇談会を開催する。

◎写真説明:高森町の小中学校運営協議会

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞